肌が弱い人のための化粧品|早めのケアが予防の鍵|妊娠線には乾燥が大敵です
女の人

早めのケアが予防の鍵|妊娠線には乾燥が大敵です

肌が弱い人のための化粧品

美容液とコットン

刺激の解消

普通の人が使っても問題がない化粧品でも、敏感肌の人が使用すればかぶれやかゆみ、痛みや発疹などといった症状が発生してしまうことがあります。そんな敏感肌の人は普通の人に比べると、肌のバリア機能が低く乾燥しやすいという特徴があります。肌が乾燥する原因としては、肌に合わない化粧品の使用や季節の変わり目、生活習慣の乱れやホルモンバランスの変化などが挙げられます。これらの原因に注意したうえで、化粧水の選び方にも注意すると刺激を解消することができるはずです。敏感肌の人が化粧水を選ぶときには、保湿力が高いセラミドが配合されているものや、刺激成分が配合されていないものを選ぶことをおすすめします。こうすることで刺激が解消されるはずです。

刺激を与える成分

自分が敏感肌であることを自覚している人は、化粧品を選ぶときに配合されている成分を確認してから購入することをおすすめします。アルコールやエタノール類が多く配合されていると、肌が必要としている水分まで奪われてしまうことがあります。また香料にも注意が必要です。たとえ天然成分に由来するハーブや花の香料であっても、配合されている数が多くなると刺激を感じることがあります。さらに美肌成分としてよく知られているビタミンC誘導体も要注意です。配合されている量が多ければ、乾燥する原因となってしまうことがあります。この他に着色料も配合されていない方が良いと言えます。これらの点に注意して選んだ化粧品は、パッチテストを行ってから使用すれば安心できます。